電力会社は自分のライフスタイルに合わせて選ぶものだ

電力会社を自分で選ぶことが出来る時代は我々消費者にとって本当に良い時代なのでしょうか?今まで地域ごとに独占されていた電力会社が家庭でも自由に選択することが出来る時代が2016年から始まります。そもそも電力自由化はなぜ行われるのでしょうか?電力自由化と電力会社の関連性、そして我々に与える影響はどのくらいあるのか。これについて検証していきたいと思います。


電力自由化はもう始まる

そもそも電力自由化はなぜ行われるのでしょうか。今までの日本では既存の電力会社以外が、この分鵜に参入することは出来ませんでした。この状況はあまり良いとは言えません。他の参入者がないという事は、価格競争が起きません。価格競争が起きない、技術革新が起きない。これは世の中的にもあまり良い傾向ではありません。企業もその業界も様々な競争が合ってこそ、進歩していくのです。その競争が今までの電力業界ではありませんでした。そうした状況を改善するために、電力自由化していろいろな会社が参入することが出来るようにするのです。
電力自由化は我々消費者にとってもメリットがあります。東京に住む人は東京電力、大阪に住む人は関西電力といったように電気の小売りは地域ごとに電力会社が決められていました。これを各家庭が自由に利用する電力会社を選択することが出来るようになると、自分のライフスタイルに合わせて電気を使うことが出来ます。また様々な異業種からの参入によって、いろいろな契約プランも出てくるでしょう。その中から自分に最適な契約プランを選ぶことが出来る時代がもうすぐ来るのです。電力自由化は消費者にとってメリットが大きいと言えます。


電力会社は自由に選ぶことが出来るメリット・デメリット

電力会社を自由に選択することが出来るメリットは、消費者がより有利に電力を利用することが出来るという事です。例えばあまり電気を使わない家庭と、電気をたくさん使う家庭。この両者の電気代の違いはあまりありません。多少の違いがあるものの、今の電気代のシステムでは基本料金があるので「ほとんど電気を使わない」方が損をする料金体系になっているのです。しかし電力自由化によって自由に電力会社を選べるようになると、いろいろな料金体系が生まれます。つまり各個人のライフスタイルに合わせた電気料金システムを選ぶことが出来るのです。
しかしこの電力自由化にはデメリットはあります。それは常に電力業界について意識しなければいけない事です。今までは勝手に使う電力会社が決められていたので、何も意識する必要はありませんでした。電力自由化によって選択することが出来るようになると、どの電力会社が良いのか、新たに参入した会社はどうなのか。これらについて常に意識しなくてはいけません。そうしないと、いつの間にか周りに比べて損をしている。このような状況になっているかもしれません。選択することが出来るという事は、自分で考えなくてはならないという責任もあるという事なのです。

Copyright © 2016 電力会社は自分のライフスタイルに合わせて選ぶものだ. All Rights Reserved.